Welcome to フレイザーコースト

無類の海好きであると同時に乾いた砂地をこよなく愛する人がいるとするなら、このフレイザーコーストほど適当な場所はないはずです。ハービーベイ沖で海水浴中にチョコンと水面から顔をだしてすぐそこを回遊するクジラを眺めたり、フレイザー島の浜から釣り糸を垂らして、夕食用の鮮魚を調達したり、ありえない現実が当たり前のように気軽に存在する場所、それがフレイザーコーストです。

大切なのはのんびりと流れる時間に、ゆったりと身を任せ、心をオフにすること。

島で暮すということ

キャンプでワイルドに自然を楽しみたいアクティブ派、居心地の良いラグジュアリー空間から自然を謳歌するリラックス派、世界遺産フレイザー島はそれぞれのご要望にもお答えすることが出来るんです。

  • 樹齢1000年の木々に囲まれ、時折クッカバラの軽妙な笑い声が賑やかに響く、マッケンジー湖は何よりもその青く澄み切った美しい水でツーリストの目と心を鷲掴みに。
  • 75マイルビーチはまさに砂地のハイウェイを4WDで駆け抜ける解放感はアドベンチャーそのもの。野生のディンゴに会えるチャンスも!
  • 砂の島の上の不思議な密林を探検して浜辺に出たら、マヘノ号座礁船の前で記念記念撮影!

世界一クジラに会える場所

地球上でザトウクジラに一番近くに頻繁に会える場所があるなら絶対ここ、ハービーベイを中心としたフレイザーコースト沖です。クジラを観察するというより、クジラが人間を見に来ると言う表現がまさにぴったりの場所なのです。

  • クジラのシーズンである6月~11月の間に、ここでホエールウォッチング船に乗り込んだら、ほぼ100%「気は優しいけど大きくて力持ち」な彼らが歌ったり踊ったり姿に出会う事が出来ます。
  • フレイザーコースト・ディスカバリースフィアで地域の自然やクジラの習性やクジラ語について学んだら、7月から10月にかけて開催されるクジラフェスティバル主催イベントに参加しよう!
知られざる有名スポット

伝統的な造りの家々 、人気の少ない静かなビーチ、マカダミアナッツ農場、フレイザーコーストのほとんどの場所はこの説明で十分ですが、中にはビックリするようなスポットも隠れています。
  • ハービーベイから30kmのマリーバラは小説「メアリー・ポッピンズ」の作者P.L.トラヴァーズの故郷。毎年開催されるメアリー・ポッピンズ・フェスティバルも地元の人も心待ちにしているお祭りです。
  • 野生のイルカに餌付けと言えば、モートン島が有名ですが、ティンカンベイでも出来ます。本土側でイルカに接近できるのはここだけかも?
  • グレートクルーラウォーク沿いにあるレインボウビーチのカラーサンド断層はマーブル模様やエスニック柄だったり、複数の芸術作品のように見る場所によって表情が変わる魅惑的な場所。

エクスプローラ開始

SNS口コミ

Tag #visitfrasercoast

Follow Fraser Coast FacebookTwitter