Welcome to バンダバーグ・ノースバーネット

バンディの愛称で呼ばれることの多い、田舎っぽさと爽快な海風が魅力のバンダバーグ。牧場や農場の直売で手に入れた新鮮食材でごちそうを作ったり、グレートバリアリーフでダイビングしたり、浜辺でカメの赤ちゃんが一斉に卵から孵るのを目の当たりにできたりと田舎のわりには刺激がいっぱいです。

砂浜と海を行ったり来たりして過ごそう!
グレートバリアリーフ南部をフルマラソンで例えるとバンダバーグはちょうどスタートライン。でも全部楽しむにはオーバーペースは禁物!バンダバーグの数あるビーチや縁取るサンゴ礁と島々はゆっくりとじっくり楽しむのが一番適しています。

  • 数えるほどしかいない人気のビーチでビーチタオルを広げる幸せはウッドゲートで。
  • マンタレイと水中でにらめっこ!レディエリオット島に行ったらやることリストの上位に書いておきましょう。
  • バーガーラのように本土から珊瑚礁と魚に出会える充実のダイビングスポットもあるんです。

ウミガメに会える街
ネイチャードキュメンタリー好きのあなた、ウミガメの産卵や孵化のシーズンに訪れて生命の神秘に触れてみませんか?テレビでは伝わらない感動があなたを待っています。

  • 海洋専門レンジャーによるガイドのもと見学できるウミガメのツアーは、毎年11月から3月までここモンリポだけで参加出来ます。
  • ウミガメの住み家であるレディエリオット島の近くをシュノーケリングで泳いで周れば、海草をもぐもぐとのんびり食事をする亀さんに出くわすかもしれません。

ロコフードを頂こう!

路肩にある野菜や果物の無人直売所や漁船から水揚げされたばかりの魚介類、農場で取れたての卵や精肉し立てのお肉など、美しいサトウキビ畑を傍らにバンダバーグ・ノースバーネット内をいくつも走るドライブウェイはいずれも新鮮グルメ街道と名付けるに相応しい道です。

  • イチゴは自分で摘んで好きなだけ、イチジクやアボガド、オレンジは直売所で農家の入り口に車を寄せるだけで買えちゃいます。
  • 畑からキッチンへダイレクトに新鮮で美味しいお料理をローカルテイストでさらに美味しく、どのメニューも甲乙つけがたいです。

ホップ!スキップ!ジャンプ!
バンダバーグに来たならオーストラリアの隠れた名道、以遠本土の田舎道を行くロードトリップは絶対かかせません。

  • この世で一番美味しくてクリーミーなマカダミアアイスを求めて、チルダーまで車を走らせましょう。
  • シトラスの街、ゲインダーやマンダバラへ訪れて果樹園ツアーに参加しましょう。
  • ハイキングブーツを携えて西に車を走らせ、カニヤ・ゴージ国立公園 にて古来の洞窟や砂岩の一枚岩の間から見える眺望を楽しみましょう。

エクスプローラ開始

SNS口コミ

#VisitBundaberg

Follow Bundaberg North Burnett Bundaberg SocialBundaberg TwitterBundaberg Instagram